返回列表 发帖
●第28号掲載分(1999年3月16日)
部屋でゆっくりする余裕がない! と嘆いていた頃が嘘のよう… 静かな日々です。昨日、おとといなんて、電話が一度も鳴らないので、「つうじてるのか?!」と思わず受話器をとって確かめてしまった。    さて、受験、就職などで区切りのついた方は、本当におめでとう。最近の私は、イイコトをみつけられずウツウツとしているので、せめて人のおめでた話を聞かせてもらえるのは、とてもうれしい。まだ途中の人は、もう少しの間、踏ん張ってファイトだ。と、これは今の自分に向かっても言いたい言葉でした。
    さあ、そしてこれから新しい場所で部屋探し、なんて人も多いのではないかと思い、今回はちょっとポイントを伝授。    最初、お店(不動産屋さん)の人が、とにかくいいと思ったら即決、即決とあおるように言うのに私は驚いたものでした。みなさん条件と間取り図だけでどんどん決めてっちゃいますから、と言うの。でも、時間が許せば、現物&現地はやっぱり自分の目で見たほうがいいと思う。結局、私は部屋はモデルルームを見て、現地は平日と休日に歩いてみて、決めた。どこかへ行った時に、“あ、ここは好きだ”とか、“なんとなくクライ感じがする”とか、その場所についての自分なりの印象ってあるじゃない? その勘は当たると思うので、好きになれそうな所に住むといいと思います。    でも、住めば都ともいうからね。暮らしはじめてからみつかるイイコトもあるかも。私の場合、それはパン屋さんでした。近所に各タイプの店が点在していた! まずはドイツパンの店、いわゆる“丸十ベーカリー”みたいなノリの昔からあるようなコロッケパンやクリームパンのおいしい店、そしてホテルのベーカリーもすぐそこ。ケーキやパイが中心のパン屋さんもできた。日によって、それぞれのお店のパンをウフフ…と買ってます。
    春の前の憂うつか、どうも思考回路がストップしてしまっていて、自分をつかみきれない今日このごろ。なので、しばらくは「文化週間」と名付け、いろんなものを観たり、聴きに出かけまくるという目標をたてました。外では白い梅がきれいに咲いているけれど、、、。春よ来い、はやく来て。

TOP

在房间里悠哉游哉的时间都没有……最近如此安静,以至于以前感叹这些话的日子都仿佛幻觉一般。昨天、前天也是,电话一次都没有响过,我甚至想把听筒拿起来,看看是否还连着线。考试、求职告一段落的各位,真心祝贺你们(译者注:日本高考、求职都集中在3月。四月是学校、公司的开始,后文找房子的人增多也是这个原因)。最近我总是郁闷自己碰不上什么好事,所以至少听到别人喜事的时候,会感觉精神一振。尚无着落的各位,莫气馁,再努力坚持一下。这也是现在我想对自己说的话。
我想接下来一段日子,找新房子的人一定会很多,所以想给大家传授几点诀窍。我惊讶的是,最初房屋中介的人都会煽动你说,如果感觉好就马上决定下来吧,下来吧。结果大家都只是凭条件和布局图就决定了。但是我觉得,如果时间允许的话,还是应该自己亲自去一下现场,亲眼见一下实物。我自己就是先看了样板房,然后休息日跑去实地看了之后决定的。去某个地方的时候,一定会有“啊,我喜欢这个地方”、“这地方总感觉好阴沉啊”等等自己的感觉不是吗?我觉得这种感觉还是挺准的,所以还是应该选些自己会喜欢上的地方。但正所谓久住为安。也有开始住了之后喜欢上的情况。我自己就是面包店。家附近零星分布了许多面包店!首先是德式面包店,也有类似《丸十ベーカリー》(译者注:日本一家面包老店,挺有名的样子)那样炸面包、奶油面包很好吃的老店,还有宾馆的面包房也在附近。另外还新开了家以蛋糕、派为主的店。每天都能“喔嚯嚯”地去不同的店买不同的面包。
是不是因为春季前的忧郁呢,最近脑子总是有短路现象出现,感觉没法控制自己。所以暂时先美名其曰“文化周”,计划出门去看看去听听各种各样的东西。窗外洁白的梅花依旧盛开……但是春天来吧,赶紧来吧。

TOP

第29号掲載分(1999年3月25日)


3月20日(土)、雨。 大阪サンケイホールにて井上喜久子さんのコンサート。 朝10:24発の新幹線に乗る。「とんぼ返り」とは、まさにこのことです、という見本のような一日でした。出番が終わって、弦楽器のみなさまと私は即、新大阪駅へ向かう。既にギリギリの時間だというのに、大渋滞だ…。 発車5分前、ようやく駅に到着。19:54発ののぞみで、ビュンと帰ってきました。    印象に残ったのは、行きの車窓から見てしまった大変な光景(火事! 1軒の家が燃えていた。)と、帰りの大渋滞の途中で見た行列のできていたお店(“まぐろナントカ”と書いてあった。 運転手さんによると、4フロアーもある安くておいしいおすし屋さんらしい。)でした。
    
さて、たまに「ここは私の居場所ではないのでは?」という思いに駆られることが、あなたにはありますか?    私はときどき。 突然、何かにあせる気持ちがふくらむのだけれど、現実には何も手につかず、どんどん考えにはまっていく感じ。そんな時の私の考えの着地は、次の2とおりです。(1) これは、次のどこかへ行け、という心の声だ。(でも、心の声って…?!)(2) ただの考えすぎ。
今週は、ちょっとなつかしい人や、ものすごくなつかしい人(10年ぶり位)と会う約束があるので、それが楽しみで、きっと考えすぎる暇もなくなると思います。    27日(土)は、再び喜久子さんのコンサート。 今度は名古屋へビュンと行ってきます。 本当は新幹線のホームの“きしめん”をぜひ食べてみたいのですが、実現なるか?!
    なんだか毎日、気温の差が激しいので、風邪ひかないで楽しく桜の季節を迎えましょうネ。



3月20日(星期六)雨。井上喜久子小姐的演唱会在大阪サンケイホール礼堂举行。我是做早晨10:24分的新干线去的。但那天我几乎是到了那边,没做什么停留,便立即折返回来了。
演出场一结束,我便立刻和其他配乐的同事一起赶往新大阪站。
本来时间就安排的很紧了,结果还碰上了堵车……但总算是在发车前5分钟赶到了车站。坐着19:54分发车的盼望号(译者注:列车名字),呼地回来了。
印象特别深的是在行车过程中看到的场景(火灾!一间屋子在燃烧),还有在堵车时看到一家门口队伍排的很长的店(店面叫“まぐろナントカ。听司机说,好像一共有4层楼,很便宜而且很好吃)。
说起来大家有时候会不会突然冒出这么一个念头,感觉“现在这个地方并不是我的归宿”?
我有时候心情会突然变得很急躁,老是被某个想法牵着鼻子走,无法集中思绪。
这个时候我会依照以下两个办法,使自己冷静下来。
(1)只是我心灵的召唤,召唤我前往远方。(不过心灵的召唤也实在……)
(2)只是我自己想多了。

这周我和几个些许时日没见,还有几个许久未见(10年左右吧)的朋友约好了见面。真的很期待,估计也没有时间让我东想西想了吧。
27日(星期六),又是喜久子小姐的演唱会。这次是要去名古屋。很想吃吃看新干线车站卖的扁扁面(译者注:名古屋特产,没吃过),不过能够如愿吗。
总觉得每天的温差都很大呢。希望大家不要感冒,快乐地迎来樱花绽放的季节。

TOP

●第30号掲載分(1999年4月1日)
雨続きでしたね。 “これを着て行くと、必ず雨に降られる”という服がありませんか?  私はこの前買ったばかりの白いコートが、そうみたい。 喜久子さんのコンサート in 名古屋の日も降られました。 たしか、大阪へ行った時も傘を持っていたような気が…。    うすうす気づいてはいたのですが、私が“雨女”なのかもしれないので(その昔、エレナーでライブがある時も、しょっちゅう降って、ゴメンネという感じだった。 別に隠れて雨ごいしてた訳じゃあないのですけれど。)、4/11(日)は晴れますように、せいぜいおとなしくしていようと思います。
3月○日(金) ……早稲田大学の近くのスタジオで仕事。「歌いたりない…」と言ってしまったほど、すぐ終わってしまった。その後、小森まなみさんの個展に行く。平日ならいいかな、と思ったら甘かった。 ファンの方たちでいっぱいだったので、まみちゃんに「久しぶり」の挨拶をしてサササッと見せてもらって、早々に帰る。行きに歩いている時からポツンポツンときた雨。 帰りは新宿の混んだ人の間を小走りだ! 3月○日(土) ……名古屋テレピアホール。 こぢんまりしてきれいで、とてもいい感じ。 喜久子さんも、「こういう会場って大好き!」と言ってた。お昼ごろの新幹線で行く。 東京駅で買ってもらったお弁当がすごくおいしくて、嬉しかった。無事にリハーサルを終えて本番。 いつも緊張はしているのだけれど、この日、私はノッてできたので(そうは見えなかったかもしれませんが)、よかった。帰りの新幹線では弦のみなさまとおしゃべり。 音楽のこと、たべもののこと、愛の貧乏脱出大作戦のことなどいろいろ笑ったあと、ちょうど眠くなった頃に着いて、ぼーっと帰る。 また、雨。
3月○日(火) ……京王プラザホテルで、某社の小さな立食パーティー(去年、こどものえいごの歌の作曲をしました)。 知ってる人もいないしな…と思ったけれど、ふと思い立って出席。 ビンゴもじゃんけんもハズレでしたが、担当の人や思いがけない人たちにも会えたので、行ってよかった。帰り、ホテルを出ると期待どおり雨。 これはいったい…?!  


连着下雨天呢。大家有没有一件只要穿着就肯定会下雨的衣服呢?我前几天刚买的那件白色外套好像就是这个样子。喜久子小姐在名古屋的那次演唱会也下雨了。好像去大阪那次身边也带着伞……
突然有种预感,我说不定真的是一个“雨女”也说不定。(以前エレナー开演唱会的时候也是经常的下雨,真的很对不起观众。我可没有偷偷在暗地里做过祈祷下雨的事哦!)希望4月11日是大前天,老天爷你那天一定要乖乖听话。

3月某日(星期五) ……去早稻田大学附近的工作室上班。结果还没热好身呢,工作就已经结束了。
在那之后又去了小森真奈美小姐的个展。我还想着今天是工作日应该……结果去了之后发现粉丝把现场挤得满满当当。最后只是和真奈美酱打了声招呼,便早早地回家去了。
去个展的路上天上已经开始零零星星地落下雨珠来。回去的路上,只能捂着头小跑着穿过新宿混杂的人群。

3月某日(星期六) ……名古屋电视台。又小巧有感觉,感觉真好。喜久子小姐也和我一样的意见,“这种会场我最喜欢了!”。
我们是乘中午的新干线去的。在东京车站买的便当非常好吃,哈哈哈。
彩排结束后终于到了实际演出。虽然和平时一样紧张,但是这次和准确地跟上了曲调(虽然观众可能感觉不出来),太好了。
在回程的新干线一直和弦乐器的各位在聊天。音乐的感想、事物的见解、还有《如何告别单身大作战》……笑着笑着,刚开始有些困的时候,列车到站了。回家的途中整个人模模糊糊,而且这该死的天又开始下雨了。

3月某日(星期二) 京王广场,参加某家公司的小型冷餐会。(去年为他们写过一首儿童学英语的歌曲)。一开始想又没有认识的人,不想参加了……但最后还是下定决心出门了。虽然我彩票、猜拳总是输家,但没想到那天却运气很好地遇到了负责人和几个根本没想到的人。决定去真是太好了。
回家途中,刚出宾馆果然又开始下雨了。这到底是……?!

TOP

返回列表