返回列表 发帖
●第45号掲載分(2000年5月14日)
   もう、ときどき夏のようです。一方ではTVで北の方の地の“桜”の映像なんて観てると、なんだか不思議な気持ち。ゴールデンウィークは楽しかったですか? 私は前半は家族と、後半はひとりで、ののんびりウィークでした。そして明けて早々、『ラブひな』主題歌について、アニメ誌の取材を受けてきました。久しぶりのインタビューなので嬉しくて、しゃべりだしたら調子に乗って止まらなくなったりして…と思いましたが、適度におさえました。

    『サクラサク』と『君さえいれば』、私もお気に入り♡なのです。そうそう、このマキシシングルのサンプル盤ももらいました。TV版はすごく短縮されちゃっているので、ぜひCDで全貌を聴いてね。ジャケットの林原さんも、おっきくてGoodです。(なにやら、ジャケットの紙質も特殊なイイの、なのだそうですョ。)

    最近は時計を持たない(もちろん人と約束がある日は、別)生活。

    余裕といえば余裕だけれど、ヒマといえばヒマ…。ふと、アー必要とされたいなんてブルーな気持ちになると、“ネガティブ地獄”に入りこむ。思いつくこと、思い出すことの全てがマイナスな事・嫌だった事ばっかりになっちゃってもう、ヒャアー!という感じ。忘れてたはずのヤな記憶までつるつると出てきてうんざりだ。

    ―――そして私は思った。やっぱり“心の向き”ってあるのかも、と。

    心がどっちか一方に向かっちゃうと、どんどん加速してそっちへ行くみたい。なら、せめてどっち向くかは自分で決めなくては、と思いました。

    考えにハマった時、“今は、こういう時期”と思えるといいのでは?

    長い目(ターム)で見た中の、“今は、こういう位置”という捉えかた。

    これを忘れないでいると、たいていの事は乗り切れる。受けとめていける気がする。

    大人になってくと、感じかたの深度がより深くなってゆくから、悩みも増えそうだけれど、いろんな想いを知るのは素敵なこと。狭くなく、より遠くまで気が及ぶようになっていける。そして私はそういう人を大人と呼びたい。そうなりたい、と憧れも込めて思います。

    ・・・・・さて、よくいただく質問がいくつかあるので、ちょっとそれについて。

○私の1stアルバム“Sincerely yours,”と2ndアルバム“Joyful Calendar”は、もう廃盤です。お店などにたまたま在庫があった、という場合に限り入手可と思われます。

特に“Joyful~”はお問い合わせが多くて、廃盤は私自身もとっても残念。

実はサンプル盤なら手元に何枚か持っているのですが、これは一般の方にお売りできない物なのでネ…!

○このページでお知らせしているマキシシングルの注文は、引き続きお受けしています。

本当のプライベートCDで、あなたの耳に“近い”感じのする3曲と思うので、興味のある方はぜひ聴いてみて下さいね。

○『カゴメ六条麦茶』のCMのオンエアー枠は…私も知りません。でも、最近で目撃したのは、フジテレビ17:00のニュース、日本テレビ土曜18:30の「モグモグ」、同じく水曜20:00の「歌の大辞典」のあと、など。

『ボナージュ』は観たことないのです。まだなのかも。

○それから、リンクはOKです。ごていねいに知らせて下さる方、ありがとう!
---------------------------------------------------------------------

5月○日(日)…あなたはもう、“シナボン”を知っていますか?

雑誌によると、たっぷりのシナモンシュガーとチーズクリームがとろ~りのっかったso sweetなパン。

私はこれを食べてみたくて、その為だけにでも吉祥寺へ行こう!と思っていたのだけれど、この夜、TVの特集でそのカロリーを知りビックリ!あまりのカロリーの高さに身震いして、一気に欲望もおさまった。

そういえば久しぶりにセブンイレブンの“くるみコッペ”というパンをみつけて買ったら、そこにも恐ろしい数字のカロリー表示があって、血の気が引いた。

パンばっかり食べてると、そのうち「おすもうさん」だな、と気を引きしめる私…。

5月○日(水)…美容院へカットに行く。銀座店は改装なので原宿店へ来いと言われて、行く。

そこはガラス張りの2階建てで、天井もものすごく高い。

緑に囲まれて自然光いっぱいで、まるで外で切ってもらってるみたいで気分よかった。

帰りは表参道を上って行き、DESSERT COMPANYで“豆乳杏仁 桂花風味”でお茶。ものすごくおいしい♡​

…杏仁豆腐の世界って、一流とニセモノの差がすごくはっきりしてるな…と思う。

5月○日(木)…今日も観た、菊地桃子が出ている「いらっしゃいまぽ~ん」のCM。あのギャグセンスと可愛さの質は…

“喜久子さん”かと思っちゃった。

ファンの方もきっとそうではないかしら…!?
-------------------------------------------------------------
P.S.

メールをくださる方、ありがとうございます。

はじめましてさんもありがとう、ほんとうに嬉しく読ませていただいてます。

さわやかな5月、心も外向きにしてがんばりましょうね!

TOP

本帖最后由 貓总 于 2021-4-13 18:03 编辑

●第46号掲載分(2000年6月11日)
    刚刚结束的台湾之行让我意犹未尽,感觉以后有机会还想再去一趟。因为这回是第一次去,所以我尽是在那些可以逛的地方和好吃的东西上做了很多功课,下次再去的话我想更加轻松地自由行。回来后我静下心来读了几本新书,很放松地做着自己感兴趣的事情。
    不过,在台北要当心交通事故。发生了一件让我觉得有点好笑的事情是,几辆小型摩托车(在那里摩托车载人是理所当然的事)【*在日本,骑摩托车载人会受到许多限制】就那么随意地行驶在人行道上。而在马路上汽车那边又认为自己优先,想要汽车为他们让道是绝对不可能的事情,当汽车停在那里的时候摩托车就趁机从旁边穿过去,结果那辆汽车毫无征兆地发动了,两方就那么撞了上去…只是为了赶路就这么置生命安全于不顾…很有意思吧?
    前几天,有个女孩子发来了关于我的专辑中的一首歌《恋心》的感想(Thank you!),我也稍稍回忆了一下这首歌。没错,这首歌就是抱着“结婚后也许就是这种感觉?”的想象而创作出来的。
即使现在重新听它,也一下子就能涌现出某种被满足的甜蜜心情。
    我觉得有一个离自己最近、可以完全放松下来坦诚相对地畅聊的人存在的话(当然这个人也可以是恋人、家人或者朋友),每一天都会过得很充实,也可以感受得到自己存在的意义。心底会涌现出各种各样的勇气,让人变得坦率又积极。
    其实每个人都不是一个孤立的人,恰恰是在跟他人建立关系的过程中,才体会得到各种各样美好的感受。虽然在面对对方时偶尔也有想回避的心情,但若因此而毫不顾及对方的想法就将怨气爆发出来,使这段关系就这么结束的话,则未免过于可惜了。
    而且,不管是对人还是对那些想要实现的事情,都不要因为吃过苦头而不敢再次尝试呀,就这样在其中努力挣扎着向前冲吧。一想到这儿,我的内心深处就充满了希望。
    那么,虽然有点突然,不过我想问问你,在吃玉子烧的时候,你是甜党还是咸党呢?
也许大部分人的答案是跟着妈妈做的味道走的。但我是那种虽然很喜欢吃甜食,却只能接受菜品中加一点点糖的类型。所以料理中出现很多甜味会让我觉得有点不可思议。还有就是,在吃京都的“ところ天”【*用寒天做成的粉条状食物】时你会加蜂蜜吗?在吃寒天的时候我虽然想加蜂蜜,但在吃“ところ天”的时候我却总觉得加醋酱油和芥末才是正确吃法。之前在聊到玉子烧的时候,那个人和我一样是咸党,还让我觉得有点开心呢【*这个人是谁…】。关于这些食物的咸甜,你有没有一个明确的喜好呢?
----------------------------------------------------------
6月某日(星期五)…得到了一张电影票,去看了之前没看成的电影《Life Is Beautiful》。
真的是令我感慨万千…即使现在我的心情还不能平静,心里交织着难以忍受的希望、坚强和悲伤的感受,仿佛下一秒眼泪就要夺眶而出。为所爱的人坚守这份爱,是多么伟大的一件事情啊。
…话说回来,在这部电影后的国际交流会中吃到的赞岐乌冬感觉还差点意思。和我一起的K子酱接下来还有工作着急离开,我就一个人去吃了冰激凌(豆腐冰和黑芝麻冰混合的)来换换口味。
最近我痴迷于冰激凌。以此为突破口,所有亚洲风味的凉凉的甜食我都好喜欢,总觉得吃完之后全身都充满了能量。
6月某日(星期二)…去东京地铁画廊(在JR东京站的赤炼瓦站里)。因为之前总觉得其中一幅画中的女人被画得特别有美感。
小小的展厅里游客也很少,感觉很棒。地板是木制的踩上去容易发出声响,我就踮起脚尖小心翼翼地行走。
在东京站里进出的公司职员中也有一些游客或者出差来的外地人,所以也会有卖特产的摊位。这种有点异空间的感觉我还挺喜欢的。在羽田机场之类的地方也是如此,偶尔没什么事情的时候也会让人不知不觉想走过去逛逛。
------------------------------------------------------------
    台湾、楽しかったです。リピーターになりそう。今回ははじめてだからと、歩く場所や食べ物にもすごく用心深く過ごしてきましたが、次からはもっと気楽に自由に行きたい。帰ってきてからも改めて本を何冊か読んだりして、ちょっとしたマイブームって感じです。
    ただ、台北は交通事故にだけは要注意。もう笑っちゃうくらいの数のスクーター(2人乗りなんて当たり前)で、歩道だって平気で走っちゃう。それから、なんたって“車優先”で、車のほうが止まってくれるってことは絶対にあり得ないし、駐車してる車の横をすり抜けていても、その車が何の予告もなく動き出して轢きにかかってくる…。ただ歩いてるだけでも命がけ、ってところ。 …楽しそうでしょ?
先日、私のアルバムの中の1曲『恋心』についての感想をくれた女の子がいて(Thank you!)、ちょっと思い出しました。そう、あの歌は、“結婚するとこんな感じ?”という想像と理想の中にトリップしてできたんだったのでした。
    今でも聴けば、ある充たされた甘い感じの気持ちにスッと行ける曲。
一番身近に、心許せて何の意識もなく素直になれてするするしゃべれて(それはもちろん恋人でも親でも友達でもいいんだけれど)って人がいてくれると、毎日にはりが出るというか、生きてるかいもあると思える。いろんな勇気がでて、うれしく素直になれる。
結局、やっぱり自分ひとりででなく、誰かとのかかわりによって、いろいろ素敵な気持ちを知っていくのだなあと思います。逃げ出したい気分になる時があっても、キレてそこでもうおしまい、っていうんじゃもったいない。
    まだまだ、人にもやりたい事に対しても懲りずにもがいていくゾー、と改めて思うと、心の奥がぴかりと明るくなる気がします。
    さて、突然ですが、「たまご焼き」。あなたは甘い派?塩味系の甘くない派?
    たぶんそれは、“おかあさんのたまご焼き”がそのお宅の味になるのだと思いますが、私は甘いお菓子は好きだけれど、料理に関しては砂糖はすごく少ししか使わない派。だから、おかずの中に妙に甘い味つけのものがあると、ちょっと驚く。あと、京都ではところ天をみつで食べるの?寒天ならみつで食べたいけれど、ところ天はどうしても酢じょうゆとからし、なんて思いこみもそういえば私の中にはあります。この前、たまご焼きの話になって、その人とは塩味派で一致したのでちょっと嬉しかった。あなたもこだわりの味がありますか?
------------------------------------------------------
6月○日(金)…上映会のチケットをもらって、みのがしていた映画『ライフ イズ ビューティフル』をとうとう観る。
いろいろいろいろ…思った。まだ気持ちがちゃんと着地できなくて、やりきれなさや希望や強さやかなしさに、くっと泣きそうになる。愛する人を愛し守りぬくってことは、なんてすごいこと。
…ところで、この映画のあと国際フォーラムの中で食べた讃岐うどんは今いちだった。なので、急いで仕事に向かうK子ちゃんと別れてから、ソフトクリーム(豆腐アイスと黒ごまアイスのミックス)でお口直し。
最近の私はソフトクリームにとりつかれています。それからアジアの冷たいデザート。なんでもかんでも入ってて、なんというか、パワーにあふれている。
6月○日(火)…東京ステーションギャラリー(JR東京駅の赤煉瓦駅舎内にあります)へ行く。何かに載ってた1枚の絵の中の女の人の質感がすごくきれいだったので。
こじんまりしていて人も少なく、いい感じです。床も木で靴音が響くので、つま先に力を入れてそろりそろりと歩いた。
東京駅ってビジネスマンにまじって旅行や出張の人なんかがいてお土産も売ってたりして、ちょっと異空間な感じが好きだ。羽田などもそうで、ときどき用もないのにフラリと行ってしまう。
-----------------------------------------------------------
1

评分人数

TOP

返回列表